更年期症状と治療法|【公式】富田産科婦人科クリニック

予約制
新患随時

0254-22-1155

受付時間 9:00~12:30/15:00~17:30

休診日

日曜日/祝日
木・土曜の午後

更年期治療

のぼせ・ほてり・発汗・イライラ・不眠・頭痛・めまい・不整脈・無気力・倦怠感・対人恐怖…。
しっかり学んで、自分に合った治療方法を見つけましょう!

HOME > 婦人科 > 更年期治療

更年期とは?

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。
具体的には、閉経をはさんでその前後10年ぐらいの期間を指しています。
今、日本女性の平均的な閉経年齢は、51歳ぐらいですから、40代半ばから50代半ばまでの期間が、更年期にあたりますが、これには個人差も大きく、人によっては30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。

更年期障害

思春期の女性の卵巣には、数十万個の卵胞があります。しかし、40歳前後を境にその数は急激に減少し、50歳になると数千にまで減少するといわれています。その減少とともに、卵巣の機能も衰えてきます。
それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの量が徐々に減少してくるのです。これだけでも、体のホルモン環境は変化するわけです。
さらに卵巣から十分にホルモンが分泌されないにもかかわらず、脳下垂体からは性腺刺激ホルモンがホルモンが分泌され、女性ホルモンのバランスが乱れます。
そうすると、自律神経の働きや情動まで影響を受け、様々な症状が襲ってきます。これが更年期障害です。

更年期の兆候

更年期には、どのような兆候が現れるのでしょうか。それは、まず月経の乱れに現れます。これまで、規則正しく訪れていた月経が、最初は短い周期で訪れるようになります。
その原因は、減少したエストロゲン(女性ホルモン)をもっと分泌しようと、脳下垂体から性腺刺激ホルモンがどんどん分泌されることによります。
ですから、人によっては、月に2回も月経がくることがあります。しかし、月経血そのものの量は少なくなります。
この時期を過ぎると、月経の周期は乱れ、間隔が短くなったり長くなったり、月経がダラダラ続いたり、短期間で終わるなどさまざまな変化が起こります。そして、やがて月経の周期が長くなっていき、閉経を迎えます。
一般的には1年以上月経がなければ、閉経と考えられます。月経が乱れはじめたころから現れるのが更年期障害です。

30代後半から更年期障害の症状を見られるケース

更年期を迎えた人でも、体に変調をきたすといったこともなく、更年期がほとんど気にならない人もいれば、寝込むほど調子が悪くなる人、日常生活も満足にできない人など様々です。
ところが、30代後半から更年期障害の症状が見られ、生活に支障をきたす人がいます。
このケースは、 若いころに無理なダイエットを繰り返したり、不規則な生活や食事を続けてきた人が、体力の落ち始める30代後半に、ホルモンのバランスが乱れ始めるといったことが原因になっています。

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ

更年期障害の代表的な症状です。いわゆる更年期障害の中でも最も多いもので、「のぼせ」「ほてり」と呼ばれる症状です。「のぼせ」は、頭に血が上ったような状態を指しますが、その出方は人によって様々です。決まった時間に起こる人、仕事を始めようとすると起こる人、突然、何の前触れもなく起こる人など決まった形はありません。「ほてり」は、体がカーとなって、体がほてって、顔が紅潮し汗をかきます。冬にもかかわらず、窓を開けたりして暑がる人も中にはいます。一般的には、顔の周辺に汗をかきやすい人が多いようです。また、午前よりは午後の報が症状が出やすいようです。

冷え

「冷え」も更年期にはよく見られる症状のひとつです。この原因は、のぼせと同じく自律神経の失調に失調によって起こる症状です。「冷え」は、更年期だけではなく、思春期などでも見られ、その原因は、ホルモンのバランスの崩れによります。「冷え」があまりに強い場合は、子宮筋腫や心臓病などの病気が原因の場合もありますから、注意が必要です。

肩こり・腰痛・背中の痛み

体の様々ところが痛むというのも更年期によく見られる症状です。特に肩こり・腰痛・背中の痛みは、更年期の特徴的な症状といえるでしょう。
これらは、血液の循環が悪くなることが原因です。ですから、良く体を動かすといった血液の循環を促すことによって、症状を和らげることができます。
また、整体やカイロプラクティックなどで、改善してもらうのも一つの方法です。日頃から散歩やウォーキングの習慣をつけておくのも大切なことです。また、肩こり体操や腰痛体操も知っておくと便利です。

疲労感・疲れやすい

ホルモン分泌のバランスの崩れによる肉体的変調に加えて、更年期には、取り巻く環境によって、肉体的だけではなく、精神的にも疲れやすいといったことも多くあります。
年齢的にも、家庭や仕事場でストレスが高まる時期でもあり、いつも何となくだるいといった症状を訴えることもあります。
また、夫婦関係で、夫が自分の悩みを聞いてくれないといった不満や失望感も精神的に落ち込む原因となります。

めまい

揺れの激しい船に乗っているようなふらふらするめまいは、更年期の女性が悩まされる「めまい」の特徴を良く言い当てています。
めまいが起きたときは、静かに横になっていれば直ります。

気持ちが落ち込む

これまでと違って、様々な体の変調をきたす更年期になると、それが原因となって、何をやっても気持ちが落ち込むということがあります。
こんな時は、気の置けない友達と楽しい会話をしたり、何か没頭できる趣味のようなものをするというのも効果的です。
このように、気分転換ができる方法を持っているというのは、更年期を乗り切る上で大切なことです。

婦人科の異常

不正出血、外陰部ののかゆみ、おりものなどがなどが婦人科の異常な症状です。
不正出血は、卵巣の働きが弱まることで起き、おりものは、女性ホルモンのエストラゲンの分泌が少なくなることでで起きます。
ただ、婦人科の異常な症状が見られるときは、子宮筋腫などの病気の疑いもありますから、必ず婦人科を受診するようにしましょう。

排尿のまつわる悩み

尿道や膣、肛門などを支える筋肉や尿道を開け閉めする括約筋が弱利、尿が漏れないように締めている圧力が弱まると、腹圧性尿失禁を経験することがあります。
これは、咳やくしゃみをしたときや、思いものを持ったりしたときに、一時的に腹圧がかかると失禁してしまうというものです。
これには、骨盤底筋を強化する体操をすることで改善したり、薬物療法を行ったりします。

胃や腸の不調

更年期の自律神経の乱れが胃腸の働きを低下させることがあります。胃腸の不調は、胃のあたりが苦しい、痛い、吐き気がする、胃がムカムカする、食欲がわかない、胃がもたれる、便秘・下痢など排便のリズムが崩れるなどの様々な症状があります。
ただ、胃腸の不調は潰瘍や炎症などによっても起こることなので、心配なときはきちんと受診するようにしましょう。

皮膚のかゆみ・手足のしびれ・震え

皮膚のかゆみや湿疹は、女性ホルモンの分泌が低下することで、皮膚が弱くなり、刺激に敏感になることによって起こります。
また、皮膚の表面にある角質層にある脂成分(セラミド)が減ってくることによって、水分を保つ成分も減ってきます。すると、皮膚が乾燥しやすくなり、これがかゆみを引き起こします。そのため、部屋が乾燥しすぎている場合は、加湿器などで湿度を保つことも重要です。
また、乾いたタオルでごしごしこすったりするのは逆効果です。しびれや震えは、自律神経の不調が招く症状ですから、症状が心配なときは医師の診察を受けるようにしましょう。

更年期症状の治療法・ホルモン治療法

内服(のみ薬)と貼り薬(貼布剤)によるホルモン補充療法(HRT)

内服(飲み薬) プレマリンと呼ばれる卵胞ホルモンを含んでいる錠剤を飲む方法となります。卵胞ホルモンは、人の卵巣や胎盤から主に分泌されている女性ホルモンのひとつです。また、卵巣や子宮、乳腺などの発達を促進したりする女性ホルモンとなります。黄体ホルモンも同じように飲みます。黄体ホルモンは、黄体や胎盤から分泌されている女性ホルモンです。
貼り薬(貼布剤) 薬を飲む代わりに湿布薬のような貼り薬(パッチ剤)をへその横や腰に貼る方法となります。張り薬貼った皮膚から女性ホルモンである卵胞ホルモンが放たれて、皮膚の内側にある毛細血管の中へ取り込まれて効果を発揮します。

どちらの療法も、女性ホルモンを補って活発化させる方法となります。

パッチ剤によるホルモン補充療法(HRT)の具体的方法

エストラーナという500円玉大のパッチ剤(貼り薬)を入浴後におへその横、あるいは腰に貼ります。パッチをはったまま日常生活は普通にできますし、そのまま入浴してもはがれません。そして2日ごとにに同じものをはりかえながら、続けて使用します。

出血させないでホルモン補充療法(HRT)を受ける方法

HRTで補充されたホルモンは当然、子宮にも作用します。ですから、HRTによって月経のような出血があります。しかし、既に閉経した婦人はまた生理(出血)があるのはわずらわしいものです。
このような人には出血をこさせないで治療する方法が用いられます。パッチ剤(貼り薬)を2日毎に貼りかえながら連続してはりつづけます。
また黄体ホルモンの内服薬を1日1錠服用し、これも連続します。すると出血がなく、HRTができます。閉経して2年以上経っている人に向いています。

出血(生理)をおこしながら行うホルモン補充療法(HRT)

パッチ剤の使い方は、何回も貼り続ける使い方となります。そして、黄体や胎盤から分泌されている女性ホルモンでもある黄体ホルモンを含んだ内服薬のプロベラ錠を、月末の10日間限定で1日1錠飲むようにします。そうすると次の月の初め、月経のような少量の出血が見られます。
この方法は、月経が止まってしまう前(閉経前)の人や閉経した後2年以内の女性に適しています。閉経前や閉経して間もない女性に、女性ホルモンを含んだプロベラ錠を服用してもらうということです。更年期障害の治療は、女性ホルモンをいかにして補うかということになります。

ホルモン補充療法(HRT)は特にどのような症状に向いているか

HRTでよく改善する症状は顔のほてり、発汗、息切れ、動悸などの血管運動神経症状とよばれる症状でかなり改善がみられます。
これに加え、イライラ、不眠、憂うつなど精神症状もかなり軽減します。その結果、身心ともに元気を取り戻し、以前のように元気に日常生活が送れるようになったと感じる人が多いのです。
更年期に入り低下していた性欲も向上し、またいわゆる性感も上昇して性生活にも積極的になり、もとの良好な夫婦関係をとりもどせたという方も少なくありません。
しかし一方HRTは万能な方法ではありません。寝つきが悪い、あるいは眠りが浅い人や手足の冷えなどはHRTでは充分に治療しにくい症状です。
このような人には軽い睡眠剤や漢方薬も併用することがあります。以上のようにHRTは更年期障害のすべてを改善できませんが、かなりの症状にとても有効であるといっても過言ではありません。

ホルモン補充療法(HRT)のその他の効果

骨粗鬆症を
予防する
閉経後には少しずつ骨塩(骨を形成している成分)が減少していきますが、HRTによりその減少をかなりくい止めることが可能です。ですから骨粗しょう症の予防に有効です。
コレステロール
の上昇を抑える
女性は更年期になると、コレステロールが上昇します。逆に卵胞ホルモンを補充することによって、このコレステロールの上昇に歯止めをかけることも可能となります。実際には、HRTに加え、食事療法や運動も大切です。
アルツハイマー病の
予防にも有効か?
卵胞ホルモンの補充により、アルツハイマー病の予防にも効果的であると、多くの報告があります。
お肌のシワ、
たるみの改善
お肌が若返ったように感じ、実際にはりが出たり、しわが減り、お肌にうるおいを感じるようになったと感謝されることがしばしばあります。これはHRTにより皮膚のコラーゲンが増えるためと考えられています。

ホルモン補充療法(HRT)のデメリット

更年期障害にHRT(ホルモン補充療法)は、大変効果を期待することができます。ですが、HRT(ホルモン補充療法)は、すべてにおいて良い方法だということはできません。例を挙げるとすれば、治療による副作用とまではいかないにしても、悪い面が起こることがあります。
少量の出血、または乳房が張るというような感覚、わずかに体重が増えるというようなことが見られることがあります。しかし、そのほとんどは解消することができます。
更年期障害の治療ですが、どのような方法を用いて女性ホルモンを補っていくかという治療法が代表的な治療法方となります。女性ホルモンを補うことにより、更年期障害は改善されると思いますが、そのことにより、デメリットも伴います。自分に合った更年期障害の治療法を選択しましょう。

SIDE MENU

〒957-0055
新潟県新発田市諏訪町1-2-15

駐車場完備

0254-22-1155(予約制/新患随時

※予約なしでも診療致します。
WEBまたはお電話にてご予約をお取り下さい

9:00
-12:30
15:00
-17:30

担当:院長(富田 雅俊)
担当:理事長(富田 哲夫)

休診日:日曜・祝日・木曜(午後)・土曜(午後)

面会時間:13:00~21:00

分娩予約状況

2018年4月現在

  • 2018年
    4月

  • 2018年
    5月

  • 2018年
    6月

  • 2018年
    7月

  • 2018年
    8月

  • 2018年
    9月

  • 2018年
    10月

  • 2018年
    11月

  • 2018年
    12月

  • 2019年
    1月

:受付可能  :受付終了

当院の診療対応能力の点から分娩を制限せざるを得ない状況になっております。当院で分娩をご希望の方はお早めにご予約をお願いいたします。